2005年3月30日(水)26:11
今日も
部屋の片付けの続きで古本屋に処分しに行ったり、10年振りにカーテンを取り付けてみたりで部屋の感じが変わった。なんか新鮮。(日当たりが良くて朝日で目覚めるのは良いとして、当り過ぎで肌がボロボロに・・・ただでさえ乾燥肌なのに。で久々のカーテン)
夕方にDrsの松尾敦史(松っちゃん)からtelが入り久々に呑むことに。

隣り町どうしなので間をとって真ん中辺の店で。この町は小学校から中学の途中まで住んでいた町なので想い出はそこそこあるんだけど、町というものは様変わりするもので、昔の雰囲気の欠片もない。だからどうという話ではないけどそういうこと。
呑みながら2人で以前やっていたDuoのこれからを話した。取り敢えず出たアイディアをやってみようということでまずはリハーサルから。そのうち音をアップしてみるので企画モノでも混ぜてみようという方があればよろしくお願いします。本日は2軒のはしごで〆。
2005年3月27日(日)26:50
本日は
天気が良かったので洗濯三昧、布団も干してホカホカ。
後は部屋中にたまった本の整理、未だ終わらず。
それにしても本って重い。
2005年3月18日(金)26:52
動と静と動と
きょうはBLUENOTEへCharlie Haden & Gonzalo Rubalucabaを聴きに。1st setだったので早めに行って整理券をもらい、その後開演までを近くの岡本太郎記念館で過ごす。こんな近くにあるなんて今まで全然知らなかったよ。
作品はある期間ごとに入れ替えているらしく、4/4までは「明日の神話」展。アトリエも見学できてそのうえ写真もジャンジャン撮って良いらしい(ジャンジャン撮ってる人はいませんでしたが)。作品自体は動かない(当たり前っすね)けど力強くうねっている(爆発?)。スツールには動きは感じなかったけどこっちが動いてそこに座る。中庭にある鐘を木槌で叩く。空気が動く。

きょうの演奏もなにかそんな所に通じるところが・・・物凄い速さでいろんなことが起こってるんだけど速すぎて蕩蕩と流れている様に見えた・・・。1st setが終わってしばらくボーっと座っていたらお店の人が2nd setに招待してくれるとの事。演奏中に近くの席の人が具合が悪くなってお騒がせしたお詫びだそうだ。もちろんご好意に甘えさせてもらいました。いやーちょっときょうは濃すぎたかな。
あっ、モノ凄く小さな音でしたよ。チャーリーはいつものあの音だし、バリバリ弾くゴンサロしかイメージになくって、アー魂消た!
2005年3月15日(火)27:08
ご無沙汰の

知り合いが今日のライブに来てくれた。
終了後おしゃべりして彼を送って帰途へ。
腹が減ったのでラーメン屋でビールと餃子を注文。まずはビールで1人お疲れさま。しばらくして、ビールが残り少なくなっても餃子の気配なし・・・もしやと思い確認してみると注文が通ってなかった。まぁよくある話なので餃子はパスしてラーメンを注文。出てきたラーメンを食べていると注文を取ってくれた女の子に店長らしき人が注意している。なにを喋ってるかまでは聞こえなかったが様子を覗っていると、さっきの餃子注文のことで凄く丁寧に注意を促しているらしい。女の子も不貞腐れるでもなく耳を傾けている様子。二十台半ばの店長さんと二十歳そこそこの女の子・・・うーんいいぞいいぞ、この街も捨てたもんじゃないかも。おじさんも注文はハッキリ云うようにします。
帰りがけに軽く女の子に謝ったら良い笑顔を返してくれた。
一日の終わり方としては上出来上出来。

2005年3月13日(日)15:03
あいたたたた
うー、身体中が筋肉痛&胃が痛い・・・
ひさびさに風邪ひいたかなぁ。でも妙なリキミが取れてギター弾くには結構良いかんじ。
ってそれじゃダメじゃん。あいたたた・・・
2005年3月9日(水)25:10
なにかと掘り出し物な日
古本屋で以前から読みたかった手塚治虫(TezukaOsamu@World)「ブッダ」全12巻を購入。いつでも手に入るからとさんざん見送ってきたがあまりに安かったので。それと、エディットピアフのDVD、これも安かった。名前だけは誰でも知ってる人だがまだ見聞きした事がなかったので、〆て\3380也
それと、さるスジからギターシールドを頂戴した。ラリーカールトン、ジェイグレイドンにモニターしてもらってるものらしく、3mで1万数千円するらしい(高ぇっ!)。ジェイグレイドンからはお墨付きをもらったらしいが・・・とにかく使わせていただきます。
2005年3月6日(日)25:20
GOOD GUYS

きょうは秋葉原GOODMANにてaCaeのlive。
写真は
オオサキ フクシマ

オオハシ ハヤシ

そのうち音源でもアップしましょうか?

詳細は各自のページへアクセスお願いします。

2005年2月28日(月)26:24
久々に

なってるハウスへ加藤崇之氏を聴きに。今日はエレクトリックギターのソロ。
40分1本勝負×2ステージで炸裂してました。未来の朽ち果てた大聖堂から聞こえてくる賛美歌のようで、音の壁に埋もれてニヤつく渡邉でした。

自筆ドロウも健在!

2005年2月27日(日)25:57
本日の晩御飯
日々の食事を御題にしてもしょうがないと思うけど、まぁたまには。
マグロ漬け&イクラ丼、蛤のお吸い物。
両方ともラーメン丼ってのがなんともはや・・
2005年2月24日(木)26:28
きのうとは打って変わって

いま雪が降ってます。もう5cmくらい積もってるかな。
きょうは明日のリハで始めて使うglockenをいじってました。自分のバンドで使おうと思ってずいぶん前に買ったものですが、デビューはaCae(3/6)となりました。面白いけど左手が思うように動かん!難しいアレンジはやめとこうっと。

2005年2月23日(水)25:21
本日
春一番が吹いたそうで、風のわりには昼間はぽかぽか気持ち良かったですね。
きょうはすこし早めに家を出て日比谷公園をぶらぶら。もう梅が咲いてましたね、六分咲きといったところか。
その後CD2枚購入。

PAUL MOTIAN Trio/I Have The Room Above Her
KURT ROSENWINKEL/Deep Song
このKURTさんはBill FrisellがPAUL MOTIANに紹介した人らしい。帯に書いてあって始めて知りました。以前から気になる人ではあったんだけど、そうだったんだぁ。
さあ、どっちを聴こうかな。
2005年2月19日(土)28:10
いやぁー
またまたあっという間に日が経ってしまった。今週はちょっと病院(整形外科)へ。
近所の総合病院へ行ったのだが、新築なので建物ばかりかシステムまで最新風。予約や支払いがほぼ無人(機械)でできる。患者の数も半端じゃなく「これは結構待たされそうだ」なんてタカをくくっていたらなんと4時間!待たされました。よく待ったよなァ俺。そういえばあちこちで「いつまで待たせるんだ」とか揉めてたもんなァ。いくら予約制だからってどうにかならないもんかねぇ。
でも後で考えたら医者は9時から4時過ぎまでずっと診察!これまたどうにかならないもんかねぇ。
そういえばヘルパーさんとかケースワーカーさんとかも人材が足りないって言ってたもんなァ。大変な仕事だ、お疲れさまです。

で、なんで整形外科かというと・・・
2005年2月10日(木)27:23
そうそう
きのうPat Methenyの新譜を買ってきました。
アルバム1枚1曲72分強の作品!
一応4ツに分かれてはいるものの1曲なんだそうです。
相変わらず緻密な音作りでしかもライブで平然とやってのけたりするんですが、今回はなによりライナーを読んで始めて人となりを垣間見た気がしました。(いつもは輸入盤を買うので)
人の内面は音や態度や顔に出て当然ですが、実際その人の口から出ると朧げだったものに輪郭が見えてくるようではっとしました。
著作権の問題もあるので引用はできませんが、
過去〜(かなり厳しい)現在〜未来を見据えた上で「それでいいのか」と提言しています。興味のある方は買って読んでください。音楽も冗長な感じは一切なく一気に聴けると思います。
 
同じような問題意識を持っている人はたくさんいるものですが、普段話を見聞きする機会のない人の話だととても興味深く割増で感じ入ってしまいます。
 
なんていろいろ書いてますが問題は明日のライブ。
これがすべて。良い音だしてナンボ。
連休中日ですが是非おいで下さい。
2005年2月9日(水)27:28
有楽町で逢いましょう
有楽町某所で仕事の後、aCaeをサポートしてくれている林くんの店へ。店長さんがDJをやっていたり、いろいろ混ざり合っていて面白そう。
若い人達(こういう云い方ってできればしたくない)に年長者から抱くイメージって勝手なもので、要は十把一絡げで判断しがち。もちろんそうでない人は沢山いるけれど、当然向こうから見た年長者のイメージというのもあるんだろうね。結局個人を見るしかないんだけど、世の中的には「日本人って」「東京の人って」「関西人って」「アメリカ人って」[アラブ人って」「ユダヤ人って」「女って」「男って」etc...で括ってしまう。その方が楽だもんね、いちいち確認しなくて済むし(モデルという括りとは別)。でも豊かじゃないなァなんて思ったりして。
いろいろ書いてるけど、ギター弾きとしては出音が命。
2005年2月6日(日)26:56
今日は

うちのお寺さん

BBSに書き込んでくれた梅ちゃんのコンサートを聴きに京成青砥へ。都内某音大の有志(NESTEG)によるコンサートで第1回目だそうな。詳しい事は知らないが多分自分たちで企画して今日を迎えたのだと思う。全部は聴けなかったけどなかなか面白かった。
限られた演奏者で10人の作曲家の作品(11曲)を立て続けに演奏するのはとても大変な事だと思う。リハーサルを積んだにしても大変な集中力を要求されるだろうし、曲が変わるたびに切換えなければいけないものもあるだろうし。
かたや作曲家の方は実際のホールで1度でも響きを聴くことができたのかなぁ。同じ曲でも会場が違えばかなり作品に影響すると思うのだけど、当日現場で修正するしかないのかね。思うような響きを得られたのでしょうか。個人的にはティンパニの人が気になりました(マレットの扱い)。
そうそうベースのオーハシ君も相棒と一緒に来ていた。


で、そのあと隣り駅の高砂へ母の13回忌へ。本当は1月14日なのだが雑用が重なり本日に。住職とすこしお話をしてそのあと本堂で読経と焼香。広いお堂に住職と2人だけ。なんかいつもより有難い気分になってきて手を合わせ暫し拝む。

で、有難い気分のまま隣り駅の柴又までぶらぶら散歩。良い感じの参道を抜けて帝釈天へ。
せっかくなので御神籤(こんな漢字出てきた!)を引くと・・・出ました区、じゃなくて凶。
いやぁ笑っちゃいましたね、あまりに当たりすぎていて。なんだかお見通しってかんじ。

帝釈天

御神籤

2005年2月5日(土)28:46
ターミナル

という映画を観た。トム・ハンクス主演のハートウォームもの。地元のあまりはやっていない映画館なのでいつ行っても客は10人未満(平日の昼間だからか)、無神経にモノを食いまくる輩がいないのがいいところ。
ベニー・ゴルソン(Killer JoeやI Remember Criffordなどを作った人ts)が終盤に出てきて不可欠な役どころを演じていた。
が、見終わってもなんだかなぁ、良い話なんだろうけど・・・なんか空々しくて・・・思いきり夢を見させてくれるわけでもないし、かといって徹底してリアルという感じでもない。うーむ。
毎日ニュースなどで見聞きする事件があまりにも酷すぎて(アメリカも多分変わらないと思うんだけど)もうあの程度の話では夢を見させる事は出来ないんじゃないか。それとも単純に脚本が良くなかったのか?映画がはずれでもあまりこういう風には思わないんだけど今回はちょっと・・・まいったなぁ。

2005年1月30日(日)25:50 
つい最近

携帯電話を新しくしました。
理由は周りから「メールが送れないと不便」
ということで。以前から言われてた事だけどまぁ急ぎなら電話があるしPCのメールもあるしということでここまで来ました。
4・5年ぶりに新機種を購入したのですが経年割引やらポイントが貯まっているやらで、本体¥5250也。これが安いのか高いのかさえ良くわからずなんですが、それにしてもなんと多機能なことか!マニュアルは基本的に読まないのでいまイジリ倒してますが、とりあえず写真は撮れるようになったけどフラッシュが点かない・・・?
まあしかしよく出来たオモチャだなぁと
そりゃあ電車の中でも取り出したくなるわなでも俺はできればやりたくないなぁ。だって、我物顔で電話してる人ってバカに見えるんだモノ。(まァ自分のバカはこの際棚上げ)
電波の届かない喫茶店とか貴重ですよね。(こないだ代々木に見つけた)

2005年1月28日(金)25:30
まったくジジイババァって
ライブ後いつも行く呑み屋へ。
そこに見慣れないジジィがひとり。よくよく話して見るとダンスの先生だそうな。色々話したなかで印象深かったのは「踊っているときは上半身は宇宙(そら)に引っ張られる様に、下半身は地球の中心に引っ張られる様に。」演奏に置き換えてみてなるほど!まったくジジィババァって・・・いいなぁ。
2005年1月27日(木)pm26:36
今日は
明日(28日)のaCaeライブのリハ。
秋葉原CLUB GOODMANです。新曲あります。ぜひぜひ!

いやぁ、書いてある事それ自体は音楽ではないのよねぇ。

現場では
音が全てだ 見逃すな
いやはやどうもなにを今更

本日の収穫
STEVE SWALLOW/swallow
PAUL MOTIAN/trio i sm
〆て¥2010也
2005年1月25日(火)pm25:47
いかんいかん・・・
ぼーっとしていたら前の雑記から大分たってしまった。とはいってもここ4・5日何もなかったわけでもなく、でもここに書くような事でもなく・・・日々の献立書いてもしょうがないしねぇ。

昨日(24日)はPIT INNへ廣木光一・飯田雅春・古澤良治郎trioを聴きに。基本的に音の大きい古澤さん(力抜けきり)に対し必要最小限の音量の広木さんと飯田君。つい音量でグルーブの浅さ、スピードのなさを誤魔化しがちな私にとって耳に痛い演奏。去年の暮れに共演したフィンランドのマヌエル・ダンケル(ts,ss)が爆音に堪らずか耳栓をしていたのを思いだした。ある程度の音量は絶対必要だと思うが、では「ある程度」って?誰にとって?

そんなこんなで今日(25日)は飯泉バンドのライブ。一応音量に注意をはらってやってみたのだが結果はどうだったのだろう。お客さんは喜んでくれたし、印象としてはまずまずといったところか。さあこれから録音したのをチェックしてみるか・・・ヒェー
2005年1月18日(火)pm26:36
Jim Hall その2
と云うわけで2日目のジム・ホール。
昨日は2nd setを観に行ったのだが、本日は1st set。
運良く目の前に席が取れワクワクしていたところ、まだ開演1時間くらい前なのにご本人ギターを抱えて登場(足取りは昨日よりかなり確かですこし安心)。どうやら前日のサウンドに違和感があったらしく機材チェック。エフェクターの前にひざまずきあれこれいじったり、はては繋ぎ方の確認(!?)してみたり。
10分そこそこの出来事だったけどまるで自分の家で「えーっと、このエフェクターは?」とやってるようで微笑ましい。
プログラムは前日とダブったのは2曲のみ。1st、2ndで変えているのか、その都度考えているのか。
個人的には昨日を遥かに凌ぐ内容。のっけから圧倒的な存在感。しかも生音状態
PAがあいだに介在してない状況もこの編成では好都合。手元でのコントロールは言うに及ばず、ギターのトーン、ヴォリュームもせわしないくらいに微調整していた。共演者のピアニストとも更に馴染んだ様で丁丁発止。笑顔がこぼれたり、ぎりぎりのところで踏み止まったり。
75歳という歳を鑑みればメトロノーム的なずれや、指のもつれなどどれほどの事か。そんなものは遥かに越えたところで音楽をしている様に思える。限界をすこしでもその先に押しやろうと足掻いているようにも。ジム・ホールをつかまえて「足掻いてる」もないもんだけど、この歳までそれをやり続けてきたと云うところにあの存在感が宿るのでは。
アンコールに応えてくれたときの顔が非常に嬉しそうに見えたのは贔屓目か。Free Improvisationでタイトルは[peace]

Sonny Rollins、茂山千作のときと同質の存在感で圧倒された至福の時でした。
明日最終日です。ご都合のつく方はぜひ!
2005年1月17日(月)pm26:30
Jim Hall
本日待望の初ジム・ホール。
まずは登場のよぼよぼぶりに唖然&感動。
いざ始まれば端折っても無音でも音楽が止まらない。共演者の若いピアニストにも挑む挑む!その姿勢にノックアウト。
日本のチャンジィたちにもそう人いるけど、そこには複雑な過程を経て純化されたものが在りました。

明日も行きます。
2005年1月16日(日)pm14:46
久々の痛飲

木曜日の夜リハのあとベースのO君とちょっと呑み屋へ。話が弾んでつい終電車を逃す。
その後なんとかドラムのFに厄介になるも、Fの相方のTとまたまた話しこんで朝になる。その日Tは仕事があるのに朝までしっかり付き合ってくれた。

なんか繰り返してるなぁ。
みんなありがとう。


因みに木曜日に購入したCD。
PAUL MOTIAN/plays Bill Evans
JOHN ZORN/More News For Lulu
ADD MOORE/with Tal Farlow,John La Porta

2005年1月12日(水)pm24:35
HMVのワゴンセールで

CDを3枚購入。1枚¥990也。
JAKI BYARD/Sunshine Of My Soul
WORLD SAXOPHONE QUARTETE/M'Bizo
MILFORD GRAVES/Percussion Ensamble with Sunny Morgan
いまJ.Byardを聴いているところ。
この人以前は確かミンガスのところにいたはず

冒頭2曲はフリー?ギターまで弾いて・・かなり楽しい。
D.IzenzonにE.Jonesだし、ピアノ鳴り捲ってるし!
これを生で聴いたらどんなサウンドなんだろう。
以外に小さい音だったりして。
以前Pit Inn'でElvinを聴いた時、PAなしでシンバルレガートが一番後ろでもの凄く聞こえたのに驚いたことがあるけど、別にバカでかい音と言うわけではなかったような・・・
それにしても、毛穴からリズムが噴き出してるよ、このおっさん達!

2005年1月12日(水) am4:30
あなたのやりたい事は?

本日(つっても11日)ご無沙汰の友人宅へ。
この御仁、波乱万丈の人生なれど太いモノを持っている。
曰く「好きな事やり続けるのはしんどいけど、他にやる事無いしねぇ」
発言通り金と時間を注ぎ込んでいる。

その後別れてライブハウスへ。
聴いたことない人だが同じ楽器なので。

上手い、淀みがない、スマート。
如何せんメンバーの1人、明らかに置いてけ堀。
様子を覗っていると、その2人長い付き合いの様。うーん。

まぁ人の事はさて置いて。
昔ある人が「日本人は浪花節だから」と言っていたのを思い出す。なるほどねぇ、腑に落ちるから始末に悪いや。優しいの優しくないのと言う話ではなくて、何がしたいのか何処へ行きたいのかって事なんだろうね。優先順位が逆。
まぁ人の事はさて置いて。

2005年1月11日(火)
つつがなく

HPは機能しているようです。
BBSの書き込みって嬉しいなぁ、経験しないと判らないもんですね。
ここのところweb奮闘記みたいだったけど、
徐々に音楽・生活・川旅にシフト。

2005年1月9日(日)
これでどうだ?!
知人に外から確認してもらったところ、写真が重くて途中でフリーズとの事。で、なんとか写真を軽くしてみました。
これならどうだ!
2005年1月6日(木)
取りあえず完成
表示上の不具合などありましたら、
お手数ですがご一報をよろしくお願いします。


1/17-19 Blue NoteにJim HallがDuoで登場。
まだ見た事がなくて見たかったんだよなぁ。
ぜひ行かなければ。\7350也
2005年1月5日(水)
引き続きHP制作
うーん、写真が重いなぁ。
みんなどうやってるんだろう?
2005年1月4日(火)
やっとこさ
やっとこさHPを作り始めてみました。
こまめに更新できると良いんですが・・

今日久し振りに古澤さんを初詣。
相変わらず緩やかなのに速いや、さすがはお地蔵さま。

みなさま今年もよろしくお願い致します。
河原乞食考(雑記)

1月

2月

3月

3月

2月

1月

top